スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 良いバイトさんは希少価値 ~

 えっと、このコーナーでは

 (あくまで僕が思っている)理想のバイトさんについて

 勝手に語っていきたいと思います。

 「誰得?」って感じですが、でもたぶん。たぶんですけど

 みんなあんまり言わないけど

 多くの店長さんが似たようなことを感じているはず!

 きっとそうだ! だからタダエが言っちゃうのだ!

 変な使命感が湧いてきました。

 精一杯頑張るぞー!

 (だから誰得なんだよ?)

 まずですね……。

 具体的にどういうバイトさんが良い、という前にですね。

 そもそも

 たいてい店長さんが期待しているような意味で

 『きちんと期待通りの仕事をやってくれるアルバイトさん』

 というのが、すでにとても少ないです。

 なので、それ以上に本音で理想に近いバイトさんってなると

 もう奇跡? 妄想? ないものねだり? って感じです。

 でも、まったくいないわけではないです。

 たまにいます。

 10年間で3人くらいいます。

 でも、それくらいレアだってことですね。

 店長から見た場合、通常コンビニで働いているバイトさんの評価は、

 こんな感じに分かれますよ。

 「奇跡的理想的バイトさん」・・・2%

 「理想じゃないけど、まあ十分だよね。いい子だし」・・・8%

 「まあ何とか合格ラインかな、頑張ってるし」・・・20%

 「ちょっと問題あるけど、ダイジョーブ」・・・15%

 「うーむ他にバイトいないし気にするのやめよう」・・・20%

 「こいつ……」・・・9%

 「あのさあ……」・・・8%

 「はあ?」・・・7%

 「もうええわ!」・・・6%

 「さよなら」・・・5%

 これは、どこのお店でも似たような傾向にあると思います。

 あんまり聞いたことないけどたぶん。

 もちろん、その店長さんの性格とか人間性とか顔とかで

 この比率は変わると思うけど。

 いずれにしろ、このように理想のバイトさんになるのは

 非常に難関、狭き門となっております。

 (知らね~よ)

 しかし問題はですね。

 たぶん大多数のバイトさんは内心

 (あのさー、別にお前の理想は知ったこっちゃないんだけど)

 (どうして俺がお前の理想に合わせなきゃいけねえんだよ!)

 (てか、だったら理想のバイト先を教えれ)

 (てか逆に、お前が理想の店長になれ。そしたら働いてやるわ)

 あなたもそう思いましたか?

 ああ、心の声が聞こえる……。

 ははは、そうなんですよ。だから、こういう本音はたいてい

 自分の店のバイトさんには言えないわけですよ。

 だからメルマガを出してですね。

 この秘めたる思いを万人に向かって叫びたい。

 あ、つい本音が出てしまった。

 (寂しいんすか?)

 とにかく!

 ほとんどの店長さんがですね

 期待通りの『良いバイトさん』に飢えている。

 理想のバイトさんを渇望してるってことなんですよ。

 (それ理想じゃなくて妄想じゃね?)

 あなたのバイト先の店長さんはどうですか?

 もちろんレジや作業は教えてくれるでしょ?

 遅刻するなとかお客様優先で動けとか

 そういう注意はするかもしれない。

 お客様のため、売上のためって言うでしょ?

 でも

 「要するにどうしてほしいの?」

 「結局何なの? 何がしたいの?」
 
 って、教えてくれましたか?

 はっきり言ってくれる店長さんはあまりいません。

 なぜか?

 まあそれを具体的に説明するの難しいし。

 言ってもだれも聞いてくれないって固定観念があるし。

 それに

 こっぱずかしいですもん!

 「俺が理想とするバイトはねえ……」

 なんてね。

 んで現実には

 同じお店で働いているのに。店長さんもバイトさんも

 お互いに自分の期待や本音を出さないように

 一生懸命『警戒しながら』『当たり障りなく』

 接しようとするんですよね。

 私自身もいつの間にかそうなってること多いです。

 でもね、最近思うんですよ(しみじみ)

 なんだかそれって

 つまんないんですよね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。